とあるピアノ講師のブログ

日教組の教研集会始まる 58年ぶり文科省から「来賓」(産経新聞)

 日教組の第59次教育研究全国集会が23日、山形市で始まった。午前は全体集会が開かれ、58年ぶりに文部科学省からの来賓として高井美穂政務官が出席。中村譲中央執行委員長は「政治の壁が低くなり、社会的パートナーとして認知された今、私たちは公教育の中心にいる。それ故に、責任は重く大きい」と参加者に呼びかけた。

 全体集会の参加者は、主催者発表で約3000人。

 高井政務官は「教職員定数は前政権下での定数削減方針を打破し、7年ぶりに純増した」などと政権交代の成果を強調。また、日教組が廃止を主張する教員免許更新制については「抜本的な制度改革が行われるまでの間は現行制度が有効。先生方がより研鑽を積まれることは重要だ」と理解を求めた。

 会場では、参加者の1人が「教員免許更新制いらな! 今すぐ撤廃」などと書かれたプラカードを高井政務官のあいさつ中に掲げ、日教組の関係者に止められる場面もあった。

 教研集会は25日まで開かれ、分科会で特色ある教育実践など741本のリポートが紹介される。

【関連記事】
日教組の組織率、最低の27%に 28万人を切る
全国教研に文科省の政務官58年ぶり出席
民主・輿石氏「教育が選挙の争点。いよいよ日教組の出番だ」
【主張】教員の資質 競争と評価で鍛え上げよ
自民・義家氏ら、日教組の“牙城”甲府市を訪問

得点調整ない見通し=平均点を中間発表−センター試験(時事通信)
不明の中国語講師、知人の供述で遺体発見(読売新聞)
橋下知事、ベトナム・シンガポールへ出発(読売新聞)
日本関係船の海賊被害半減=ソマリア沖海自護衛が一定効果(時事通信)
小沢氏側にゼネコン60社、名簿15万人分提出(産経新聞)
[PR]
by jpjqcre5tx | 2010-01-25 13:50
<< <教え子性的暴行>フィギュア元... <寒波>北半球の異常低温 「北... >>



ピアノ講師の私の仕事や日常を綴ったブログです。
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧